オークション会場風景

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

オークションは3日間連続で行われ深夜0時を越えることもあります。

オークション会場風景

中国美術品は日本で売却してしまうより中国オークションに出品したほうが高く売却できます。中国人バイヤーは、日本で購入した中国美術品を中国で高値で落札させ利益を得ます。日本美商は直接朶雲軒オークションに出品し、落札されればより高い利益を得られます。

オークション会場風景

弊社は、2005年より本格的に中国オークションに参入してまいりました。中国オークション会社は、上海・北京など30社ほどあります。その中でも上位5社程が高級オークション会社です。
日本美商ではその中の上海朶雲軒拍賣有限公司と提携し、弊社から作品を出品し鑑定を依頼しています。

オークション会場風景

中国美術品を持って日本美商のスタッフと一緒に実際のオークション会場へ行くツアーです。実際のオークションでご自分の作品の落札状況を確認できます。

オークション会場風景
中国美術品を買取り
オークション会場風景

2011年秋季大規模オークションは、12月14日~16日まで3日間にわたりオークションを開催しました。12月14日近現代書画専場にはじまり12月16日油画専場までカタログ16冊分を落札しました。
初日2日目共に午前9時30分から夜中の午前2時頃までなんと17時間もかかりました。弊社出品の作品は100%落札され出品者には喜んでいただけました。

朶雲軒中国名品展
中国至宝名品展